AmiVoice 音声認識APIデモ 利用規約

(本規約の適用)

第1条

  1. 本規約は、株式会社アドバンスト・メディア(以下「当社」といいます)が提供するAmiVoice 音声認識APIデモ(以下「本サービス」といいます)の提供条件を定めるものです。
  2. 本サービスの試用を希望する方は、本利用規約に同意していただきます。本利用規約に同意することができない方は本サービスを試用することはできません。

(本規約の適用)

第2条

  1. 本規約は、株式会社アドバンスト・メディア(以下「当社」といいます)が提供するAmiVoice 音声認識APIデモ(以下「本サービス」といいます)の提供条件を定めるものです。
  2. 本サービスは、アップロードされた音声データを逐次テキスト化し、その結果を利用者応答するサービスをいいます。
  3. 本サービスは、本サービスの内容を知りたい方、本サービスの利用方法の検討を行いたい方、本サービスの性能を知りたい方等に、本サービスを知っていただくことを目的として一定期間、無償で本サービスを提供するものです。
  4. 本サービスは、現状有姿で提供するものであり、当社は、本サービスに関していかなる保証も提供いたしません。本サービス試用結果に対する責任は、全て本サービス試用者にあります。
  5. 本サービス試用者(以下「試用者」といいます)が本サービスを試用するために当社サーバにアップロードした音声データ及び認識した結果のテキストデータについて、当社は、試用者を特定できない方法で、当社の音声認識の性能向上のために利用することができるものとし、試用者はかかる利用に関していかなる異議も申し立てないものとします。
  6. 本サービスを試用するために発生する通信費用、その他の費用は全て試用者が負担するものとします。
  7. 本サービスを商用目的で利用することはできません。
  8. 本サービスを第三者に利用させることはできません。

(本サービス提供期間)

第3条

本サービスの提供期間は、当社が任意に定めることができるものとします。当社が、本サービスの提供を中止する場合、中止日の30日前までに当社が適切だと考える方法で周知するものとします。

(本サービス試用時間)

第4条

  1. 本サービス試用時間は、1回あたり30秒とします。本サービスを再度利用したい場合は、音声認識スタートボタンを再度クリックしてください。音声認識スタートボタンから開始していただくことにより繰り返して本サービスを利用することができます。
  2. 前項の試用時間に関係なく本サービスを利用したい方、または本サービスを商用目的で利用したい方は、当社にお問い合わせください。商用利用に関するご案内をさせていただきます。

(一時的な中断)

第5条

  1. 当社は、次の事象のいずれかが発生した場合、本サービスの利用の提供を中断することができるものとします。
    1. 本サービスに必要な設備の故障等により保守を行う場合
    2. 運用上又は技術上の理由でやむを得ない場合
    3. その他天災地変等不可抗力により本サービスを稼動できない場合
  2. 当社は、前項に定める他、本サービスに必要な設備の定期点検を行うため、本サービスの提供を一時的に中断できるものとします。
  3. 当社は、前二項に定める事由により本サービスを稼動できなかったことにより、試用者又は第三者に生じる不便、不都合、損失、損害に関して一切責任を負わないものとします。

(本サービス内容及び利用規約の変更)

第6条

  1. 当社は、試用者の事前の承諾を得ることなく、いつでも本サービス内容を適宜変更できるものとします。
  2. 当社は、本規約を随時変更することができるものとします。本規約の変更を行う場合は、事前に本サービス関連サイトでの掲示、又はその他の方法で変更後の本規約の内容を契約者に通知するものとします。但し、緊急の場合はこの限りではありません。

(禁止行為)

第7条

試用者は、本サービスの利用にあたり、次の各号に定める行為を厳に禁止されています。

  1. 本サービスに関する情報を改竄する行為
  2. 本サイト以外から本サービスを利用する行為
  3. 有害なコンピュータプログラム等を送信又は書き込む行為
  4. 第三者又は当社の財産、名誉及びプライバシー等を侵害する行為
  5. 本人の同意を得ることなく又は詐欺的な手段により第三者又は当社の個人情報を収集する行為
  6. 本サービスの利用又は提供を妨げる行為
  7. 第三者又は当社の著作権その他の知的財産権を侵害する行為
  8. 法令又は公序良俗に反する行為
  9. 当社の信用を傷つけ、又は当社に損害を与える行為
  10. その他当社が不適切と考える行為

(自己責任の原則)

第8条

  1. 当社は、本サービスの音声認識結果に誤変換が存在しないこと、その他本サービスの完全性、正確性、及び有効性を保証するものではなく、試用者は、自己の責任及び判断において本サービスを利用するものとします。
  2. 当社は、法律上の請求原因の如何を問わず、本サービスの試用あるいは試用不能から生じるいかなる損害に関しても、試用者に対し、一切責任を負わないものとします。
  3. 試用者が、本サービスの利用によって第三者に損害を与えた場合、若しくは試用者と第三者との間で紛争が生じた場合は、自己の責任と費用をもって処理解決するものとします。なお、試用者が本サービスの利用に伴い第三者から損害を受けた場合も同様とします。

(損害賠償)

第9条

試用者は、試用者の責に帰すべき事由により当社に損害を与えた場合、損害賠償の責を負うものとします。

(サービスの停止)

第10条

試用者が本規約に違反した場合、当社は、催告することなく当該試用者による本サービスの試用を停止することができるものとします。

(利用地域・準拠法)

第11条

  1. 本サービスの利用地域は、日本国内とします。
  2. 本規約及び利用契約の成立、効力、解釈及び履行については、日本法に準拠するものとします。

(管轄裁判所)

第12条

本規約又は利用契約に関する一切の紛争は、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所として処理するものとします。

以上

制定日 2019年12月3日
株式会社アドバンスト・メディア