サービスの違いと選び方

3つのラインアップとその違い

1
価格
初期費用
支払い
音声認識
ルールグラマ認識
文章認識
リアルタイム認識
ファイル認識
単語登録
音声認識エンジン
専用エンジン
接続方式
共用サーバー利用型

AmiVoice API

  • 音声認識
  • クラウド
従量制
なし
クレジットカード・請求書
クラウド上の共用サーバー
API
専用サーバー構築型

AmiVoice API Private

  • 音声認識
  • クラウド
  • オンプレミス
お見積り
あり
請求書
専用サーバー(クラウド・オンプレミス)
エンジン一覧から選択可能その他、住所専用エンジン等も利用可能
API, SDK
端末組み込み型

AmiVoice SDK

  • 音声認識
  • 端末認識
お見積り
あり
請求書
端末内API Privateとも接続可能
使用するデバイススペックに依存

フローチャートで診断する

Q1 音声認識機能を搭載した
サービス/アプリを開発したい

Q2 サーバーで音声認識処理を行いたい

AmiVoice SDK

インターネット接続なし/端末内で音声認識が可能です。

Q3 利用したいサーバー環境は

オンプレミス環境

クラウド環境

Q4a 開発環境は

ネイティブライブラリ

クラウド環境と同じ

Q4b AmiVoice APIの標準機能で十分だ

NO

YES

AmiVoice API Private

オンプレミス環境で音声認識APIを低コストで利用可能です。

AmiVoice API Private

一般公開していない専用のエンジンの利用が可能なほか、負荷に備えてサーバーを稼働させておくことでレスポンスを安定させることができます。
※サーバー単位で費用がかかります。

AmiVoice API

低コストで音声認識APIを利用可能です。

AmiVoice SDK

AmiVoice SDK に含まれる、録音・通信を行うライブラリを活用し、容易に開発が可能です。

お役立ち資料
認識精度を試す