導入事例

AmiVoice SDK

シャープ株式会社様

モバイル型ロボット「ロボホン」を
音声コマンドで操作可能に

製品・サービス概要

会話ができる二足歩行ロボット
「RoBoHoN(ロボホン)」

「ロボホン」は、シャープと、ロボットクリエイターの高橋智隆氏(東京大学先端科学技術研究センター特任准教授、株式会社ロボ・ガレージ代表取締役)が共同で開発した、会話のできるモバイル型ロボットです。小型のサイズで、身振り手振りを交えて会話したり、歌ったりすることができます。

人気のモデルにAmiVoiceが採用

モバイル型ロボット「RoBoHoN(ロボホン)」の二足歩行が可能な<SR-03M-Y(LTE/3Gモデル)>と<SR-04M-Y(Wi-Fi®モデル)>、着座タイプの「RoBoHoN lite」<SR-05M-Y(Wi-Fi®モデル)>に、オフライン版の音声認識技術AmiVoice SDKが採用されました。これにより、音声により電話の発信や写真撮影、アラーム設定などが行えるようになりました。

社名 シャープ株式会社
事業内容 電機・機械
URL https://jp.sharp/
資料ダウンロードDL