サーバ内で検出した発話区間に対する認識処理中に、認識途中結果を知らせるために、サーバからクライアントに向けて送信されます。

形式

タイプ:JSON

U <result>

<result> には、以下のJSONが格納されています。

キー キーキー 説明
results 認識途中結果情報
tokens 認識途中の形態素の配列
written 形態素の表記。最後の形態素は、writtenが “…” のダミー形態素。
text 認識途中のすべての形態素の written を結合したテキスト。末尾には “…” が付く。
text 認識途中のすべての形態素の written を結合したテキスト。末尾には “…” が付く。

レスポンス例

{
  "results":[
   {"tokens":[
     {"written":"\u3053\u3093\u306b\u3061\u306f"},
     {"written":"\u30d7\u30ec\u30fc\u30c8"},
     {"written":"…"},
    ],
   "text":"\u3053\u3093\u306b\u3061\u306f\u30d7\u30ec\u30fc\u30c8…"}
  ],
  "text":"\u3053\u3093\u306b\u3061\u306f\u30d7\u30ec\u30fc\u30c8…"
 }