eコマンドパケット/eコマンド応答パケット - AmiVoice Cloud Platform

eコマンドパケットと eコマンド応答パケットは、対になっています。(※1)
eコマンドで音声データの送信終了をサーバに通知すると、サーバからは eコマンド応答パケットが返却されます。

eコマンド応答パケットが “e” 一文字の場合は、サーバ側の終了処理が正常に行われています。サーバ側の終了処理になんらかのエラーが発生した場合には、e の後ろに半角スペースを挟んでエラーメッセージが返ります。

尚、eコマンドパケットを送信してからeコマンド応答パケットを受信するまでの間は、サーバからUイベントやAイベントなどが送信されてくる可能性があります。クライアントアプリでは、eコマンドパケットを送信してからeコマンド応答パケットを受信するまでの間も、サーバから送られてくるUイベントやAイベントの受信処理を行うようにしてください。

(※1)クライアントとの通信で一定時間の無通信が検出された場合(無通信タイムアウト時)には、 無通信タイムアウトによる切断を通知するために、eコマンドパケットと対にならない eコマンド応答パケットが、サーバ側からクライアントに対して送出されます。 詳細は下記の「エラーメッセージ」を参照ください。

eコマンドパケット

音声データ送信を終了します。

形式

タイプ  TEXT
e

音声認識サーバに音声データの送信終了を通知するには、”e”を送信します。音声認識サーバがこのコマンドを受け取ると、e コマンド応答パケットを返します。

e コマンド応答パケット

eコマンドに対する応答としてサーバからクライアントに返却されます。

形式

タイプ TEXT

成功時

e

失敗時

e <error_message>

サーバ側が、eコマンドの受信による終了処理に失敗すると、e の後ろに半角スペースを挟んで、エラーメッセージが返ります。

エラーメッセージ

エラーメッセージ 内容
“e can’t stop feeding audio data to recognizer server”音声データの送信の完了処理に失敗しました。
“e session timeout occurred (can’t stop feeding audio data to recognizer server)”セッションタイムアウトが発生した為、音声データの送信の完了処理に失敗しました。
“e session timeout occurred”セッションタイムアウトが発生しました。
“e timeout occurred while receiving audio data from client”クライアントからの音声データ受信中に無通信タイムアウトが発生しました。
※ この eコマンド応答パケットは、eコマンドパケットと対にならない特殊な eコマンド応答パケットです。