パケット一覧

WebSocket 音声認識プロトコルでクライアント⇔サーバ間でやりとりされるパケットは、以下の通りです。

パケット名 関連する状態 説明 
s コマンドパケット 音声供給状態 音声データ送信開始コマンド 
s コマンド応答パケット 音声供給状態 音声データ送信開始コマンド応答 
p コマンドパケット 音声供給状態 音声データ送信コマンド 
p コマンド応答パケット 音声供給状態 音声データ送信コマンド応答 
e コマンドパケット 音声供給状態 音声データ送信停止コマンド 
e コマンド応答パケット 音声供給状態 音声データ送信停止コマンド応答 
S イベントパケット 発話区間検出状態 発話区間開始検出通知 
E イベントパケット 発話区間検出状態 発話区間終了検出通知 
C イベントパケット 音声認識状態 認識処理開始通知 
U イベントパケット – 認識処理中通知 
A/R イベントパケット 音声認識状態 認識処理結果通知 
G イベントパケット – サーバ内でのアクション結果通知 

状態遷移一覧

WebSocket 音声認識プロトコルに存在する状態遷移は、以下の通りです。

・音声供給状態遷移
・発話区間検出状態遷移
・音声認識状態遷移

1. 音声供給状態遷移

クライアントからサーバへの音声データの供給状況を表す状態は、以下のようになります。

【音声供給状態遷移表】

 パケット名 0 Initialized 
[初期状態] 
1 starting 2 started 3 providing 4 ending 
 s コマンドパケット
 
供給開始 → 1(ERROR) (ERROR) (ERROR) (ERROR) 
    s コマンド応答パケット 
    (処理成功時) 
- (OK) → 2- - - 
    s コマンド応答パケット 
    (処理失敗時) 
- (ERROR) → 0- - - 
 p コマンドパケット
 
(ERROR) (ERROR) 供給中 → 3供給中 → 3(ERROR) 
    p コマンド応答パケット 
    (処理成功時) 
- - - (OK) → 3- 
    p コマンド応答パケット 
    (処理失敗時) 
- - - (ERROR) → 0- 
 e コマンドパケット
 
(ERROR) (ERROR) 供給停止 → 4供給停止 → 4(ERROR) 
    e コマンド応答パケット 
    (処理成功時) 
- - - - (OK) → 0
    e コマンド応答パケット 
    (処理失敗時) 
- - - - (ERROR)  → 0

【音声供給状態遷移図】

2. 発話区間検出状態遷移

発話区間の検出状況を表す状態は、以下のようになります。

【発話区間検出状態遷移表】

 パケット名 6 not-detecting 
[初期状態] 
7 detecting 
S イベントパケット → 7- 
E イベントパケット - → 6

【発話区間検出状態遷移図】

3. 音声認識状態遷移

音声認識処理の状況を表す状態は、以下のようになります。

【音声認識状態遷移表】

  パケット名 8 not-recognizing
[初期状態]
9 recognizing
C イベントパケット → 9
A/R イベントパケット → 8

【音声認識状態遷移図】